Question

御社の社員のみなさんは
戦略を遂行するためにコミットしていますか?
高いパフォーマンスを発揮し、組織に貢献していますか?

経営の根幹にあるのは、「

だからこそ、自分と仲間の可能性を信じ、挑戦し続ける人材
自分と仲間の力を最大化し、組織に貢献できる人材を、増やしたい。

私たちは目には見えない「」のマインドに直接働きかけることで
の課題、ひいては組織の課題にアプローチします。

ワークハピネスならではの特色

人間の行動の原理原則に基づいた
本質的なアプローチ
ワークハピネスの実施する研修プログラムの特色です。

人間の行動や環境は、その人の根底にある
価値観(信念や思い込み)や自分は◯◯である
というアイデンティティに基づいています。

人材開発の一般的な手法は、
環境や行動にアプローチする手法。
短期的には効果があがったとしても、
根底の価値観やアイデンティティが変わらなければ、
結局はもとに戻ってしまいます。

私たちは、価値観(信念や思い込み)や
アイデンティティに直接アプローチ
することで
本質的に課題を解決していきます。

ご提案までの流れ

ワークハピネスでは、経営者様、人事ご担当者様からのヒアリング後
最適なソリューションをご提案します。
実際に、研修プログラムを実施した後は、効果検証やアフターフォローまで実施し、御社に伴走します。

課題にあわせたソリューション

Case 1

管理職のマネジメント力を強化したい(育成力強化)

プレイングマネージャーが増える中、管理職として部下を育成する意義を再確認し、
自社において自分が果たすべきミッションを明確にします。
まず管理職が自ら率先し、部下を鼓舞するマネージャーとなることで、強いチームをつくります。

Case 2

次世代リーダーを育成したい(選抜型リーダー育成)

将来にわたり会社を牽引していく人材を育成していくためには3つのポイントがあります。
1. この先待ち受ける環境変化と自社の方向性の理解する(大局観)
2. 自社が何で選ばれるのかを明確にする(使命感)
3. 実行力を身につける。
日常業務を遂行しながら、高い負荷でプロジェクト実践に取り組むことで視野の拡大や、
影響力の向上、リーダーとしての自信をもたらします。

Case 3

中堅社員をマインドセットしたい(行動力の強化)

中堅社員は、業務遂行能力が上がっていく一方で仕事のやりがいやキャリアに不安を抱き、成長が鈍るケースも多々あります。
自社で仕事をする意義や自分のキャリアの方向性についてじっくり考えることで迷いをなくし、モチベーションの向上と行動力を強化します。
中堅社員の行動力強化は、会社の業績向上へ高く寄与します。

Case 4

新入社員・若手社員を定着化・早期戦力化したい

新入社員・若手社員の育成において大切なことは方針の一貫性とマインドセットです。
育成者会議から導入研修、現場に出てからのOJTの運用支援まで一貫した育成スタンスとメッセージを伝えながら、総合的に支援します。
マインドセットでは、自己課題と向き合いながら、チームで解のないテーマに取り組み続けることで、
素直で貢献力の高い若手社員を育てます。

代表的なプログラム

  • 自立型人材育成研修

    「ワクワク冒険島」

    主体的な「貢献と学習」の姿勢を身につけ、ビジネスパーソンとして大きく成長するための土台をつくります。

  • リーダーシップ強化研修

    「ZIPANGU(ジパング)」

    最強のチームを自ら「体験」し、最強のチームの作り方を実践的に学ぶ研修です。

  • マネジメント力強化研修

    「マネジメントクエスト」

    良質な成功体験を得ることで現代のマネージャー層に求められるマネジメントの真髄を体験します。

Case Study
ケーススタディ

「人を変える」資料請求・お問合せ

人材開発・研修設計など「人を変える」に関する資料請求・お問合せ

ご相談窓口 03-6402-2170

ご相談窓口 03-6402-2170

Page top